人間の頭の良さは、遺伝子によって決まるのか? それとも、生後の生活環境や本人の努力によって決まるのか?

FrontPage

あたまが良くなる方法

あなたは信じられますか?

>> あたまが良くなる方法


頭の良さは「遺伝子」⇔「本人の努力」?

人間の頭の良さは、遺伝子によって決まるのか? この答えはどうも「遺伝子で頭の良さが決まるのではなく」本人の努力によって頭の良さが決まると言った方がよさそうです。もう少し解りやすく言うと「天才でなくても努力して大成した人はたくさんいるが、努力なくして大成した天才は聞いた事がない。つまり、努力を続けられる「心の強さ」に勝る頭の良さ(才能)はないということです。


人間の頭の良さは「学び続ける」中でどんどん良くなる

「人間は学び続ける」動物であり、「人間の脳の学びには際限がない」人間は学べば学ぶほど、知性を開発できるのだから、事実上、遺伝子で頭の良さは決まりません。


夢・目標があると人間はどんどん頭が良くなる

ようするに、努力すればするほど、夢(目標)は大きくなっていく。『夢(目標)』というものは、『努力』という食べ物を食べて大きくなる」あなたに秘められた無限の可能性。それを引き出せるか否かは、すべてあなたの努力次第です。


頭の良い、すばらしい方、成功されている方

1日7分のトレーニングで、覚えられる量を数十倍にあげる方法を公開いたします。



ビジネスで成功されている方、あまり勉強しているように見えないが、優秀な方、同じ人間なのに、世の中には、足もとにも及ばない、すばらしい方、成功されている方がいらっしゃいます。この方たちは、もともとすばらしい遺伝子(能力)を持って生まれた方だと思いますか?

いえいえ違いますよね。陰で、それなりの勉強、努力をしているのです。あなたも、この記憶術で頭を良くしてみませんか?努力のほこさきはどこからスタートしても良いのですが、この記憶術は頭を活性化する意味であらゆる物に生かせます。是非 ここからスタートされる事をオススメします。

記憶術を身につけると 例えば、「名前と顔を正確に覚える」事を考えてみてください。知らない人が20人くらい集まっている部屋に入っていった時、それぞれの人とたった1回しか挨拶してないのに、その人たちの名前をずっと覚えていることができたらどうでしょう?「ビジネスでの利点」を考えてみてください。

彼らの仕事や趣味の状態を前に会った時からほぼ完璧に覚えているとしたら?


・・・しかし、これはあなたの”記憶力”を上げた時に起きる奇跡のほんの触りにしかすぎません。さあ!この記憶術でライバルと差をつけちゃいましょう!これは、あなたの凄い武器になるかもしれません。


あたまが良くなる方法・詳細





a:4600 t:6 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional